生きることに遭難した彼の出口は、何処かにあるのか?
岩淵弘樹・23歳。平日は製造派遣大手の日研総業からキヤノンの工場に派遣され、時給1250円での単純労働、週末は憧れの東京でフルキャストの日雇い派遣。不安定な労働環境から抜け出せない彼は、フリーターの権利を求めるデモに参加し、マスメディアの取材を受ける。しかし、テレビ画面に映し出されたのは、ただただ“不幸で貧しい若者”でしかなかった―。
大手レコード会社に就職した友人に自己責任論調の説教を受け、居酒屋でおっちゃんに「あなたは奴隷なんだよ!」と罵られる。「俺は誰に負けた?俺は誰の奴隷だ?」岩淵は、拾った自転車で夜の東京を疾走する。

いま、一番リアルな青春映画
岩淵が日記のように回し続けるビデオカメラに映し出されるのは、フリーターとして暮らす彼自身のセキララな生活だけではない。その裏にある、現代日本の社会・経済構造が生み出した現実と、マスメディアが図式化する“問題”とのズレ、そしてそれらに振り回される当事者の思いをときにコミカルに、ときにパンキッシュにあぶりだしていく。「こんな生活に出口はあるのか?」そうボヤきながら、生きづらい青春を不器用に走ろうとする一人の若者の姿を生々しく描き出す、東京を彷徨いながら綴られた遭難デイズ。それは、いま、一番リアルな青春映画だ!!